インディクト
名詞

雌しべ

メシベ

えいえ
雌蕊 は、被子植物の花(両性花または雌花)に1個または複数ある雌性生殖器官で、一般には「めしべ」と呼ばれる。雌性配偶体である胚嚢をその内部に保護し、雄性配偶体である花粉を受け入れて、両者が形成する配偶子の間で受粉が成立するためのなかだちをする機能を持つ。また、その内部で種子が発育した後には、その周囲に形成される果実の原器となる。 (出典: 雌しべ - Wikipedia)
追加ワード数
07/24
236個のワードが追加されました。
07/23
328個のワードが追加されました。
07/22
299個のワードが追加されました。
07/21
164個のワードが追加されました。
07/20
200個のワードが追加されました。
お知らせ
2024/05/24 20:19
文章解析の結果の取得方法を変更しました。
2024/05/23 16:38
品詞の種類を追加しました
2024/05/22 10:00
検索中の表示を更新しました
2024/05/22 00:00
サイトの公開を開始しました