インディクト
名詞

雄花

オバナ

おああ
花(はな、華とも書く。花卉-かき=漢字制限のため、「花き」と書かれることが多い)とは、植物が成長してつけるもので、多くは綺麗な花びらに飾られる。花が枯れると果実ができて、種子ができる。多くのものが観賞用に用いられる。生物学的には種子植物の生殖器官である。また、植物の代表的器官として、「植物(種)」そのものの代名詞的に使われることも多い。植物の花を生花(せいか)、紙や布・金属などで作られた花を造花(ぞうか)という。 (出典: 雄花 - Wikipedia)
追加ワード数
07/19
14個のワードが追加されました。
07/18
316個のワードが追加されました。
07/17
313個のワードが追加されました。
07/16
336個のワードが追加されました。
07/15
171個のワードが追加されました。
お知らせ
2024/05/24 20:19
文章解析の結果の取得方法を変更しました。
2024/05/23 16:38
品詞の種類を追加しました
2024/05/22 10:00
検索中の表示を更新しました
2024/05/22 00:00
サイトの公開を開始しました