インディクト
名詞

ビット反転

ビットハンテン

いっおあんえん
ビット反転(ビットはんてん)は、2進数のビット列に対するビット演算の一種、種類。(通常の意味)ビットフリッピング。ビット否定 とも。 - 各ビットの値を、0ならば1に、1ならば0にする操作のこと。たとえば00110110(2)をビット反転(ビットフリッピング)すると11001001(2)になる。各ビットに対して論理否定(NOT演算)をしているということでもある。これは「1の補数」を求める演算にもなっている →ビット演算#NOTを参照。 (稀な用法)ビットリバーサル。ビットの並び(順番)を逆さまに入れ替え、左端から1番目を右端から1番目に、左端から2番目を右端から2番目に移動させること。たとえば 1100010(2)をビットリバースすると01000011(2)となる。これはビットシフトとも異なる。(稀なので、該当記事も無し) (出典: ビット反転 - Wikipedia)
  • 同韻ワード
  • 同じ韻のワードがありません
  • 名詞の同韻ワード
  • 同じ韻の名詞のワードがありません
追加ワード数
07/19
203個のワードが追加されました。
07/18
316個のワードが追加されました。
07/17
313個のワードが追加されました。
07/16
336個のワードが追加されました。
07/15
171個のワードが追加されました。
お知らせ
2024/05/24 20:19
文章解析の結果の取得方法を変更しました。
2024/05/23 16:38
品詞の種類を追加しました
2024/05/22 10:00
検索中の表示を更新しました
2024/05/22 00:00
サイトの公開を開始しました