インディクト
名詞

陽樹

ハルキ

あうい
陽樹 とは、生育に最低限必要な光合成量が比較的多いタイプの(陽生植物の性質をもつ)樹木のこと。対立する語として陰樹がある。生育に多くの光を必要とするため、ある程度成長した森林の中では生育できないが、十分に光を浴びた場合の成長量は比較的高いものが多いため、若い雑木林はこの陽樹が優勢となる。 (出典: 陽樹 - Wikipedia)
追加ワード数
07/13
191個のワードが追加されました。
07/12
359個のワードが追加されました。
07/11
372個のワードが追加されました。
07/10
329個のワードが追加されました。
07/09
300個のワードが追加されました。
お知らせ
2024/05/24 20:19
文章解析の結果の取得方法を変更しました。
2024/05/23 16:38
品詞の種類を追加しました
2024/05/22 10:00
検索中の表示を更新しました
2024/05/22 00:00
サイトの公開を開始しました