インディクト
名詞

ピペリン

ピペリン

いえいん
ピペリン は、アルカロイドに分類される有機化合物のひとつで、シス-トランス異性体のカビシン(Z,Z体。シャビシンとも)とともに、ブラックペッパーの辛みのもととなっている成分である。この化合物は、伝統医学や殺虫剤の用途にも用いられてきた。 (出典: ピペリン - Wikipedia)
追加ワード数
07/24
340個のワードが追加されました。
07/23
328個のワードが追加されました。
07/22
299個のワードが追加されました。
07/21
164個のワードが追加されました。
07/20
200個のワードが追加されました。
お知らせ
2024/05/24 20:19
文章解析の結果の取得方法を変更しました。
2024/05/23 16:38
品詞の種類を追加しました
2024/05/22 10:00
検索中の表示を更新しました
2024/05/22 00:00
サイトの公開を開始しました